女医

ヘルニア手術は名医に任せよう【成功率アップ】

外科的に対応可能です

状況把握が重要です

先生

鼠径ヘルニアとは、人体の太ももの付け根付近の鼠径部に腸の一部が挟まってしまった状態を指します。肉眼では鼠径部に丸くピンポン球状の膨らみが確認出来ます。左右どちらか、もしくは両側に発生することがあります。発生には痛みを伴うもの、一時的なものの他に嵌頓と呼ばれる緊急性の高い状態があります。嵌頓とは挟まった部分が強く圧迫されている状態です。鼠径ヘルニアでは痛みを伴うだけでなく、腸組織にダメージを与える事もあります。状況把握の為に症状が現れた場合には早急に外科への受診がおすすめです。検査の状況によっては早急に手術が行われるケースもあります。比較的に低年齢の子供に発症するケースが多いです。

様々な方法があります

鼠径ヘルニアの手術が行われる際に幾つかの手術方法があります。どの方法も鼠径ヘルニアのヘルニア部分を除去したり、挟まらないようにするという結果は同様です。通常の開腹からの患部の除去術、挟まってしまう穴部分にメッシュパーツを入れるなどの手段が多く使われています。難易度的には簡単な手術とされています。妊娠などが予定されている場合は腹部に重みや出産時の力みなどの負荷がかかるため、妊娠前に手術を行う事がおすすめです。また病院によっては内視鏡を使用したヘルニア除去術を行っています。開腹を行わない事で身体への負担が少なく済みます。入院期間も短めとなります。緊急性が低い場合でも日常の中でヘルニアが嵌頓状態になるケースもあります。子供などは早めに手術を行う事がおすすめです。また子供は新陳代謝も活発なことで手術のダメージからの回復も早いといえます。