女医

ヘルニア手術は名医に任せよう【成功率アップ】

早期発見がカギになる

進行が速い

女性

関節リウマチは、自身の免疫機能が異常を起こすことで起こります。本来は、体の敵となるウィルスや細胞を見つけては死滅させるのが、免疫細胞の役目です。ところがこの免疫細胞が異常をきたし、体内の有益な細胞を攻撃します。そのため、軟骨や骨が破壊され関節が炎症を起こし、最終的には関節が変形します。関節を動かさない状態でも、痛みを伴います。男性より女性の方が発症率が高い病気です。特に40代50代の女性に多く発症します。関節リウマチの初期症状は、朝起きた時にあらわれやすいと言われています。手や指が動かしにくく、ボタンが上手くはめられなかったり、物がつかみにくかったりします。ごく初期であれば、痛みを伴わないケースもあります。

発症後1年以内に

関節リウマチは完治が非常に難しい病気と言われています。しかし、最近は研究が進み、痛みを抑える新薬も登場して効果を上げています。関節リウマチは進行性の病気ですが、進行を遅らせたりストップさせる治療を行います。関節リウマチは、徐々に進行する病気だと思われてきましたが、実は発症後1年間で急速に症状が進行することが分かってきました。ですので、発症後できるだけ早く治療を始めることが、治療のカギとなります。朝、思うように手が動かなかったり、関節が腫れているようなら迷わず病院で検査を受けてみてください。世田谷にはリウマチ専門医のいる病院もあります。又、世田谷にはリウマチを専門とする病院もあります。関節リウマチの症状は、他の病気と症状が似ている場合もあり、判断が難しいところもあります。早期に治療を始めるためにも、世田谷のリウマチ専門医に相談するほうがいいでしょう。世田谷の専門病院では、画像検査や血液検査などを行います。